For the word of God and the testimony of Jesus-Tokyo Bible Church

Statement of Faith

Sorry, this English page is under construction

1  聖書

旧新約66巻の聖書は神の霊感によって記され、原典において完全で誤りのない神の御言葉である。それゆえ、聖書は信仰と行為の唯一の規範である。

2  三位一体の神

神は唯一にして、その存在と知恵と能力と聖と義と善と真実において、無限、永遠かつ不変の霊であって、天地の創造主である。神には父と子と聖 霊の三つの人格があり、本質において同一、能力と栄光において同等である。

3  人間と罪

最初の人間は神に対して罪を犯すことにより堕落した。それゆえ、彼より出た全人類は神に対して罪を犯した者、堕落した者となった。

4  イエス・キリスト

神は、御子なる神イエス・キリストを唯一の贖罪主として処女マリヤから生まれさせた。イエス・キリストはご自身を犠牲として一度献げられ、すべて彼を信じ る者の身代わりとして十字架にかけられて死に、葬られ、三日目に死人のうちより復活され、昇天し、神の右に座しておられる。

5  救い

神はある者を永遠の生命に選ばれる。聖霊はその者の中に信仰を起こし、救いの業を成し遂げられたキリストを受け入れさせる。

6  教会

この地上の教会は福音を信じてバプテスマを受けた信仰者の団体であって、礼典を守り、神の支配に従い、キリストの言葉に示された賜物、権利、恵みに与かる。

7  礼典(バプテスマ・聖餐式)

バプテスマは父・子・聖霊の名によって行われる信者への水の浸礼であって、これにより、死にて葬られ復活されたキリストと一体とされたことを 表わす。主の晩餐はパンとぶどう液を用い、自らを反省してキリストの犠牲として与えられた御体と、流された血を記念するために行われ、かつ主の再臨を待ち 望む。

8  教会と国家

教会と国家の間には完全な分離がなければならない。いかなる政府、地上のいかなる権力も何人の良心を束縛する権利をもたない。我らは主の主、 王の王であるキリストの御心に反しない限り、神の許し給うた国家や政府のために祈り、従うべきである。

9  終末

主イエス・キリストはこの世の終りに、信者をご自分のところに召し、不信者を審く目的のために、目に見える姿で再びこの世に来られる。キリストの再臨は千年王国期前である。

10 教会の聖潔

すべての信者は俗世間的、異教的行為や習慣から離れなければならない。また教会は、聖書に基づかない誤ったキリスト教を称え、未信者と協同するものとも関係をもってはならない。

(この信仰基準は、当教会の告白する信仰の大要であります。)

PAGETOP